ホームページに戻る






 予定コース一覧

 開催予定コースの予定を紹介します。

 
開催年月 滞在場所・期間 内容
2018
7月
WildFlowersWalking++
北海道
21日間
テーマは「原生花園と温泉」です。  

北国の大地に花開く植物たちを見ながらウォーキングを楽しむコースです。時にはキタキツネが顔を出すような野性味溢れる環境です。 現地オホーツクの海で獲れた海産物の美味しさにはビックリさせられるコースです。
 
    
 
開催年月 滞在場所・期間 内容
2018
9月
AppleWalking++
青森
21日間
テーマは「リンゴと温泉」です。

 津軽平野に点在するリンゴ園では大きなリンゴが枝いっぱいに実る季節ですのでこの名を付けました。朝晩は寒いと感じる日もありますがウォーキングには最適な季節です。岩木山周辺は多くのリンゴ園があり、赤く色づいたリンゴを見ながらの散歩はなかなか気持ちのいいものです。晴れていれば岩木山が目の前に見えるようなところです。
 朝から晩まで、いつでも温泉入浴できる施設に滞在します。
   
 
    
 
開催年月 滞在場所・期間 内容
2018
12月
HawaiiWalking++
ハワイ
21日間
テーマは「肌に優しい風が吹く季節にハワイを歩く」です。

 ハワイは何度行っても楽しいところです。どういう訳なのか、訪れると決まって気分がハイになります。常夏の環境がそうさせるのではないかと思っています。特にオフシーズンは、観光客が少なく比較的静かな観光地になりますので高齢者にとって、活動しやすい場所になります。12月は、朝は涼しいのですが午後には暑くなりますので、ウォーキングは高齢者の多く集まる「天国の回廊」と名付けたなんとも気持ちの良い植物園コースを午前中に歩きます。
 この肌に優しい風が吹く季節にハワイに3週間滞在するコースです。同一宿舎での滞在ですのでハワイの空気を満喫できます。3週間は長いようでただぶらぶらしているだけでもあっという間に帰国日になってしまいます。
 
 
 
開催年月 滞在場所・期間 内容
2019
2月
3月
CoralReefWalking++
沖縄
1ヶ月間
テーマは「感動の海と長寿食」です。  
沖縄本島の中でも特に海の美しいエリアに長期滞在します。青い海は何時間も眺めていても飽きることない不思議な魅力があります。
2月の沖縄はちょっと寒いくらいで歩くにはちょうどいい季節です。運動の後は美味しい沖縄ならではの食事を楽しむことになります。特に、豆腐、野菜、海藻、豚肉は長寿の食材です。 また、沖縄の温泉を楽しむ事もできます。
 Walking++の主目的ではありませんが、本土は花粉が飛び散るころですので花粉症対策として沖縄に滞在することは意味があります。経験的に1日経てば花粉症の症状は出なくなりました。
 
 
 
 
開催年月 滞在場所・期間 内容
2019
5月
ThalassoWalking++
山陰
21日間
テーマは「タラソテラピーと温泉」です。  

タラソテラピーのエッセンスを詰め込んだコースです。 新鮮な海水を温め、海水の特性である浮力や生理的作用(ミネラル分の吸収等)、水圧、抵抗等を運動生理学的に配置したプールで午後運動します。午前は温泉三昧を予定しています。また、出雲蕎麦の美味しさを堪能していただける企画も用意しています。
 
   
 


風を楽しむ

食を楽しむ

運動を楽しむ

温泉を楽しむ

・風を楽しむ
多種多様な風を楽しむ事ができます。日本海から吹いてくる冷たい風、宍道湖から吹いてくる涼しい風や松江の田園地帯で吹いていた色々な草や花の香りが混じりあったのどかな風はどこか懐かしい香りがしました。最後は鳥取県の弓ヶ浜半島に広がる全長約17kmの弓ヶ浜です。境港から眺める弓ヶ浜は遠くに雄大な大山が見えて、白砂と松林の海岸が弓のように見えます。

・食を楽しむ
 出雲といえば出雲蕎麦です。蕎麦は、うどんに比べてタンパク質が豊富で、食物繊維も多いのが特徴だそうです。腰越の蕎麦屋の壁にグラフ付きのポスターが貼ってあったのを思い出しました。それだけでなく、蕎麦に含まれる「ルチン」という成分は、抗酸化作用があり老化を防ぐ作用があるとの事です。蕎麦を食べて長生きをしたという話はあまり聞いたことはないが、老化防止に役立つとなれば食べないわけにはいきません。1週間ほぼ毎日、朝か昼に蕎麦を食べていました。鳥取では海産物同様に乳製品が美味しいのには驚きました。大山周辺の牧場から出荷されてくるようです。美味しくない関東の牛乳に慣れているせいか特に美味しく感じました。

・運動を楽しむ

今回は自転車をよく利用しました。特に松江や境港は道が広く、自転車道がよく整備がされていて、安全に走行できそうだったからです。10km以上の長距離を西へ東へとよく乗りました。おかげで夜はすぐ寝ることが毎日できました。長丁場のコースですから雨の日は絶好の骨休めになりました。雨の日の過ごし方は温泉に入るだけにして、完全休養日としました。


・温泉を楽しむ

出雲、松江、境港はいずれも滞在先の近くに公共の温泉場があり、温泉に通うのが日課となっていました。出雲では徒歩圏内の温泉施設、松江では玉造温泉を利用していましたが広くて人が少なくて500円というのが気に入っていました。境港では近くの温泉に行ったり、皆生温泉まで出かけたりしておりました。潮風に吹かれながら自転車で温泉に通うのも楽しいものです。


 
    



   

  Walking++は高齢者にとって若さの源泉です
    
当サイトに掲載された画像、文章等の無断転用,転載はお断りします
Copyright (C) Global Education Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved